2006年02月26日

雨の日の猫はとことん眠る

1amenohineko.jpg


窓ガラス越し微かに

降り続く雨の音

部屋の中はほの暗く

スタンドの明かりひとつ

何の予定もない休日の雨の日は

猫のように眠りたい






なぁ〜んて具合に 眠っていられたらなぁ〜・・と思いつつ
けれど じっくりと腰を据えて 絵を描くにはもってこいの雨の日。
前回に引き続き、猫を題材に 練習、練習。 えらい?(笑)

先週の木曜日、絵画教室で
前回アップの 猫の絵を 仕上げるべく
頑張って手を入れていたら
大先輩方が どの方も
「あら、可愛い猫ちゃんね〜^^」と
目を細めて 見てくれるんですよね!

そこで 安易なうさこは ピンとひらめいてしまったのです。
『 初めての絵画展は 猫でいこう・・・。』 ウヒャヒャ;
可愛いわね〜♪ って 褒めてもらいたい訳じゃぁないんですよ。
対象物が 猫だったら 猫の存在に気をとられて
細かい所、すっ飛ばして見てしまうっしょ(笑)

今回は 初めてだから;
なんとなくの雰囲気で クリアさせてもらおうと思って
もちろん、今の精一杯で 一生懸命描きますけどネ。
こういう形で不安を消しても いいですよね・・


posted by うさこ at 21:10| Comment(9) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵画展、猫にテーマを絞ること大賛成。
頑張ってね。

この猫の寝顔が最高。とっても気持ち良さそうに寝ている。
「どんな夢を見ているのかな」とつい思いが膨らむ。
色もうるさくなくていいなぁ。
それに、うさこさん似の豊満なお尻(ヒヒィ。反撃!!)もいい。


Posted by やまがた君 at 2006年02月26日 21:29
私が グラマラス・ナイス・バディ〜☆" だってこと
どうして知ってるんですか??;
ホホホッ♪
(反撃になってませんよ。ウフフフフ。)

グレーの 濃淡で描いてみたんですよ^^
極めていこうとすると 出来てない自分のことが見えてくる
やまがた君の 水泳奮闘記のように(ニッ♪)
ように・・といっても 私は基本的なこと なんですけど;
私も 自己流から抜け出すべく がんばっています。

昔、人だった頃の夢でも見ているのかも・・ですよ。
目が覚めたら やまがた君、猫だったらどうします?(笑)
ゲゲッ;
夢が覚める前に やりたいことやっておきましょうネ。
Posted by うさこ at 2006年02月26日 23:19
降〜参!!
若い人の屁理屈にはかなわねぇーや。(*_*)

でもうさこさんの口撃、面白い。
ショックも大きいけど(ーー;)

目が覚めて猫だったら・・・
生もの宅急便でうさこさん宅に配達してもらいます。
そして恨みつらみでうさこさんの顔にひっ掻き傷を作ちゃう。
(まだ懲りてない??)

ところで、真面目な話を一つ。
私の絵の先生だった人は、「絵をこう描きなさい」とか「こう描くべきもの」と絶対に言わない人だった。
水泳と違い、絵は芸術なので、個性の表現と思います。
絵を描く上でデッサン力などの基礎力は必要ですが、表現は自己流でいいと思いますよ。
是非、うさこさんの世界を築いて下さい。


Posted by やまがた君 at 2006年02月27日 00:07
口撃だなんて人聞きの悪い¬。¬
じゃれているだけですよ〜 ピョンピョン♪
ほら、可愛い。(笑)

やまがた君、100号ので〜っかい絵とかも
描いていたんですよね!;
私なんて ちょこちょこらくがきばかりだったので
F6の 紙に絵を描くだけで 相当大変;と 思っているのに
凄いです!

構図とか 明暗とか 色の効果とか
例えば 私が勝手に描いたものも
ちょっとした効果をプラスすることで
絵が もっともっと生きてくる

そういう基礎的なことが 全く身についていない状態なので
そういう演出、が 人を惹きつける絵の ”からくり”
のように思えて 面白くて面白くて^^

えらく心惹かれる絵が あったとして
でも、画家が 何を思いながら描いたのか
どんな工夫をして描いたのか
その人の言葉は 聞けないでしょう

でも、いい絵には 結構見る側の視線を
持っていきたい場所に 持っていくような
巧みな演出が 施されていたり
そういう職人みたいな 技術者みたいな
面白さを 体感してみたいんですよ♪

いつか 人にいい絵だね。って言われるような絵が描けるようになったら
「実はね・・♪」って からくりの面白さを
種明かしみたいに 話せるようになってみたい

自分の絵を 部屋に飾りたいとか そういうのもなくて
感動、の 裏の ”おもしろさ”を 突き詰めていきたい
なぁ〜んちゃって
ちょっと ズレていますよね(笑)

何が描きたいとか 何を表現したいとか
そういうのも まだ分からない 霧の中な状態ですが
基礎固め、しっかりやりながら
得意なもの、 見つけていきたいと思います☆"
ので、やまがた君も 見事なバタフライ!
きっと 自分のものにして下さいね。
Posted by うさこ at 2006年02月27日 10:28
 猫の表現が良く表されてますね。寝顔の様子は、夢の中、恋の夢でも見ているのでしょうか。ウフフ・・・。

 ところで、お二人さんの会話面白いね。続きはないのですか、突っ込み『うさこさん』とボケかましの『やまがた君』、いっそのこと吉本に入社したら・・・。
 書き込んだら突っ込みが入らないうちに帰るさ、うさうさ。
Posted by ほっとコーヒー at 2006年02月27日 17:36
小説風に。

吾輩は猫である。名前は忘れた。なにやら暖かいものに不意につつまれて、気がついたときにはここにいた。雨音に誘われて散歩をしたい気分でもあるが、心地よいまなざしを浴びながら、眠ったふりをしているのも悪くない。

気持ちよさそう。
Posted by せいや at 2006年02月27日 17:46
見れば見るほど至福の寝顔〜〜。

転寝って気持ちいい〜ってよく耳にしますが・・
私の場合、昼間ゴロンとなってウトウトすると
返って頭がグヮ〜ングヮ〜ンするんですよ。
だから仕事が休みの日でも殆ど昼寝はしません。

でも、とことん寝られると
絶対にこの絵の猫ちゃんのような
気持ちよさそうな顔になるでしょうね。
本当にイイ表情をしています。
「実はね・・・」って
この絵のからくり聞かせてくれる?

そうそう若い人の"屁理屈"
その一言でやまがた君に勝算あり。アハハ・・
Posted by michiko at 2006年02月27日 23:05
☆ ほっとコーヒーさん、続きが聞きたかったら
水飴買ってからにしてね〜。
紙芝居屋うさこ。
小さい頃、水飴買わずに 遠巻きに見てたら
紙芝居屋のおじちゃんに 怒られたりとかしませんでした?(笑)

そんな事より、やまがた君に ギャラ半分持ってかれるんだったら
ピンでやります。ピンで。(笑)

猫、ほっとコーヒーさんの猫なら
夢の中で 何か美味しいものでも 食べて
ニヤニヤしているのかもですよ♪
かまぼこ かまぼこ・・ムニャムニャ・・


☆ 気持ち良さそうに眠っていると思ったら
眠ったふりだったんですか。
耳そうじでも してあげたくなっちゃいますね(笑)

名前は忘れた。っていうのがいいですネ。
10年以上前、もしかしたら20年近く前になるんですけど
『吉原炎上』って 五社英雄監督の映画、
映像が綺麗だったんですけどね。
せいやさん、観てませんよね; 読んでたら
最後の方の根津甚八を 思い出してしまいました。

相手の女の子の 細いうなじと細い足首が
また良くってねぇぇ・・
落ちぶれるとこまで 落ちぶれてるのに
見てて幸せそうでねぇぇ・・
良かったんですよ。

古き良き時代の男の人って感じの 猫くんですよね^^
だったら 何もそんな映画思い出さなくっても??;
だって 甚八さん、良かったんですよ〜(笑)

Posted by うさこ at 2006年02月27日 23:31
☆ 誰がおならしたって?ーー;
みっちゃん、こんばんにゃ♪

同じく。 中途半端に昼間眠ると
頭ぼ〜っとして ダルくなるので
私も よっぽど体の調子が悪い時以外は 寝ません^^
かえってしんどくなりますよね;
少しでも 眠った方がスッキリするっていう人もいるけど
体質なんでしょうかね・・;

夜ご飯の支度とか 家のこととか
やらなくていいっていうんだったら 別なんですけどね♪
何にもしないで ゴロゴロ眠ってられたら
最高に幸せだろうナァ〜☆ とは思います(笑)

まだ『からくり』喋れる程になってないので
代わりに とっておき、教えたげます。
この猫の頭の模様、サリーちゃんの弟の
カブの髪型に似てるでしょう〜☆" ウシャシャシャ♪

Posted by うさこ at 2006年02月27日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。