2006年04月14日

連理の枝に灯るあかり

112renri.png



先生とつなさんが亡くなって
当然のことながら 絵画教室もおしまい。
けれど 木曜日の会だけは続けていきましょう。
と、 いう声を聞いて
とりあえず 先生とつなさんのアトリエで
絵を描き続けることだけは 出来るのかな・・

ホッとしたような
けれど 先生もつなさんもいなくて
寂しいような そんな気持ちでいたのですが・・・





15日(土)〜20(木)図書館での小展示会は
追悼の意も込めて 予定通り 開催されることになりました。

昨日、木曜日は 展示用の絵を額装して 持っていくことになっていたので
その用意と 本当に先生なしで描くのかな・・と 思いつつも
一応、画材の用意をして 絵画教室へ。

一通り、展示作品の確認とタイトル決めをしたあと
『続けて行きましょう』と 言ってはみたものの
実際には それが可能なのかどうなのか
みんなで ぐるっと輪になって 話し合いをすることになりました。

突然解散、なんていうのは いくらなんでも寂しすぎる。
皆、そう思っていました。
けれど 現実問題、指導者がいてくれないと
みんな 行き詰まってしまう。

『それぞれが 意見交換をしながら 描いてみるのもいいんじゃないかしら。』
そんな声も出たのですが
『絵っていうのは 描く人それぞれの 個性で描いているものだから
それをどうこうする、なんていう事は 私たちには 無理なのよ・・』

もっとこうしてみたら? と、いうことは
言えるかも知れないけれど それは 言う人の感性になってしまうんですね・・
どうすれば 絵が活きてくるか
それは やっぱり先生じゃなきゃ無理
30年以上絵を描いている人でさえ そういうんだから
もっともな話です

楽しくワイワイ お喋りしながら 絵をかければいい
とか そういうんじゃなく
みんな 何気なく 描いてるみたいに見えても
ちゃんと、絵を勉強しに来ていたんだなぁ・・
と、そんなことを 改めて感じました。

今はみんなまだ この現実を
すんなり 受け止められずにいる状態で
アトリエを 使わせてもらえることには なってはいるけれど
今後ずっとだと カギ開けやら 管理やら
ご家族の負担になってしまう恐れもある ということで
とりあえずは あと1、2ヶ月 使わせてもらって
その間に 気持ちの整理をつけて
今後 どうしていくか
決めなきゃね・・

そんな話で終わりました。
「折角 絵を勉強し始めて 伸びてきているのだから
いい先生を見つけたら 遠慮なく そちらへ移った方がいいのよ
まだまだ これからなんだから・・。」
そう言ってもらっては いるのですが
そんな気にもなれず ぁ〜ぁ・・です。


そうそう、今日の絵
最近、『連理の枝』って チェ・ジウ主演映画の宣伝が
TVで よく流れているので ちょっと描いてみました。

2本別々の木なのに 枝がくっついて
一続きになっている木があるんですよね。
それを『連理』というそうです。
『連理の枝』は 男女・夫婦の仲の睦まじいことを
意味する言葉として 使われるのですって。

連理の木は 先生とつなさん。
12個のランプは 木曜日のみんな。
ランプですからね。 いつか 消えてしまうとは思いますが
暫し 寄り添えたことを 幸せに思います。

アトリエに 好き勝手に出入りして
ニャーニャーないてた 黒猫のはなちゃんと
お〜っきなトラ猫の茶々も 描いておきました。





posted by うさこ at 14:08| Comment(9) | パソコン画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うさこのなかでは結論が出たみたいだね。

連理の木と12個のランプ
黒猫のはなちゃんとお〜っきなトラ猫の茶々
ここまでがんばれたのは先生ご夫妻と
木曜日の会の先輩のおかげだから
感謝!だね。

明日からの展示会、楽しみとどきどき
たくさんの人が見にきてくれたらいいね…。

これからもがんばって描いていこうね
先のことはケ・セラ・セラだから…
あっこれはちびうさの教育方針だったけか(笑)
Posted by たくろう at 2006年04月14日 23:53
木って不思議な力があるから。
そういう木。
どこかに本当にあるんだろうな。

風が吹いたら楽しげに歌ったり。
雨が降ったら...う〜ん。
きっといたずらっぽく色を変えたりして
ランプが輝くんだよ。

でもいつかは木からランプが飛び立つんだね。
一緒に飛んでいくか、散り散りになるか?
それは分からないけど。
それぞれのランプは大地に根付き、
芽吹いて育った後は、
お互いにランプの実でシグナルを交わすんだよ。

うさこさん。おはようございます。
こんな木もあるそうです。

「生きるということ」 水上勉(講談社現代新書)より

数百年も生きる木というものは、
数百年前に自生した一本の樹が孤独に生きたものと思いがちなものであるが、
そうではないらしい。
毎年若い芽を同根からふき、
ある年はその若木を喰い、
ある年はその若木に負けながら生き、
とどのつまりは元気な一本の若木に、
母体を託して、
親と子が株で抱き合いつつ一本の巨根となって育ってゆくものらしい。

学生時代に読んでずっと捨てられずにいた本を
たまたま一昨日読み返していて再発見した文です。
Posted by せいや at 2006年04月15日 04:28
>ランプですからね。 いつか 消えてしまうとは思いますが
>暫し 寄り添えたことを 幸せに思います。
 うさこちゃんの感謝の気持ちが伝わってくる言葉ですね。
また違った形でランプの火が灯るといいですね。
明日から展示会、更に忙しくなりますね。
でも予定通り開催出来て良かった。
少し覘いてみたい気持ちです。 
Posted by michiko at 2006年04月15日 23:32
☆ 結論は・・・・・・
どうにかやってかなきゃいけない
ってことだけはわかっているんだけど
どうしていいのやら

たくろうが言ってくれるみたいに
先生やみんなに感謝して
先へ進んでいかなきゃならないの
わかっているんだけど
ふりだしに戻った感じから
どうにも上手く抜け出せずにいます

先生にいろんなこと教えてもらっている時は
描いていれば 必ず 少しずつ上達出来る
そんな安心感があったのに
今日、展示をしてみて やっぱり周りと浮いてて
ここから先、やみくもに絵を描いても
行き詰まるだけかも知れないなぁ・・
の、再認識の日となってしまいました。

あ〜ぁ・・っていいたいけど
あ〜ぁ・・っていうのはやめとくから
ちょっとはえらいでしょう(笑;)



☆ せいやさん、枝が繋がった木、
何度か見たことあるんですよ。
TVでなんですけど。本当にあるんですよ。

何百年も生きる木の 親と子が株で抱き合いつつ・・
っていうのは 初めて知りました。
自分達が 知らないだけで
自然界には 信じられないようなことが
きっともっと沢山あるんでしょうね。

脳みそなんてないような昆虫が
物凄く賢い行動を とっていたりすることもあるでしょう
本能というのか 生きのびる為の不思議な能力が
備わっていたりしますよね

人も もっとシンプルになれたら
そういう神秘的な力 活かせるのかも知れませんね
本当にランプの実で
シグナルを 送りあうことが出来たらいいな・・
そんなことを思いました。


Posted by うさこ at 2006年04月15日 23:32
☆ みっちゃん、凄い。同時でしたね。

さて、これからがんばるぞ〜〜!って
喜びいっぱいの 初展示になる筈が
先が見えなくなって

”もう 終わりだね〜
 君が 小さく見える〜”
って、笑っちゃうけど そんな感じで
絵にしっかりライト当ててもらっているのに
やたら かすんで見えて
思っていた程の感動に 浸ることも出来ませんでした
あ〜ぁ
脳みそと心は 同じようには 働いてはくれないみたいで
ややっこいです
ひややっこじゃぁないよ。 ハハハハハ。う。つまんない・・;;
Posted by うさこ at 2006年04月16日 00:02
ホントだぁ!同じ〜!!

>やたら かすんで見えて・・・
それは自分に厳しいうさこちゃんの目で見るからであって
他の人は、うさこちゃんの個性(持っている感性)を
認めてくれていると思うけど。
私はうさこちゃんの描く絵、
やわらかくて好きですよ。
Posted by michiko at 2006年04月17日 01:39
あ〜びっくりした;
『目がかすんで 時刻表示がよく見えなくて
気づかなかった』って文章が 続くのかと思いましたよ;

最近、近くの物に焦点が合わなくて
真面目に 老眼の疑いが濃くなってきているから
そんな風に思っちゃうんですね〜〜きっと。がっくし。(笑)

絵、絵、絵、絵、え〜〜・・
へへ;みっちゃん、ありがとう。
今は ありがとう・・しか浮かばないけど
でも、心から ありがとう!

めげずにがんばります、と 書きたいところなんですけど
なんだかんだと 用事を理由に 実際がんばれていないから
嘘になるし それも書けない 情けない・・しょぼん。←
これは ショゲたふり。ウヒヒ。

Posted by うさこ at 2006年04月18日 00:18
頭では分かっていても気持ちって正直よね。
今は気持ちのままで絵を描いているのが1番いいんじゃないかなぁ〜碧は思っていますo(^-^)o
気持ちに無理することないし‥ネ(*^^*)♪
碧も色々とあって‥今がんじがらめな状態で息が詰まってしまってて‥全部捨ててしまうかも‥ですf^_^;
Posted by 碧 at 2006年04月19日 07:59
碧、コメント置いててくれたんだね
ありがとう。
頭で気持ちをコントロールしようと思っても
なかなかうまくいかないもんだね。

それより碧、全部捨ててしまうかもって
大事なものなら 違う方法で抜け出すこと、
考えないといけないよ。

大事じゃないなら捨てちゃえばいい。
大事だけど もう無理、なんて
たわけたこというてたらあかんのやで。

Posted by うさこ at 2006年04月20日 08:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。