2005年08月02日

月夜のねこ

3tukiyononeko.jpg


とても大切な人が 闇の世界にいます
その人を 連れて帰るには
ある約束をひとつ、守らなければなりません





その人が 本当に後ろから ついてきいるのか
どんなに不安になっても
闇の世界の出口まで
振り返っては いけないのです

しんと 静まり返る闇の中
もしかしたら 自分は 騙されているのかも知れない
はなから その人は 自分の後ろには いないのかも知れない
確認もしないで 出口を出てしまえば
闇の世界へ 戻ることは出来ない

けれど・・振り返ってしまったら
それこそ もう2度と その人には 逢えなくなってしまう



こんな内容のお話を 昔読んだことがあるのだけれど
結局、その人は 後ろを振り返ったのかどうか
覚えていないんですよね・・

平気で人を騙す人がいる
騙すつもりはなくても 結局騙したことになることもある
信じることが 愚かなのか
信じきれないことが 愚かなのか

相手のことが どんなに心配でも
振り返らずにいることが 果たして本当なのだろうか
そんなことも ちらっと思ったりするけれど
信じきるということは それ程難しいことなんだろうな・・
posted by うさこ at 14:39| Comment(2) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お金が絡むと信じきることが難しい場合がよくあると思いますが、そんな現実的な話より、昔聞いた話でこんな素敵な絵を描いたくれたちいちゃんに感謝したい
Posted by ぜんちゃん at 2005年08月02日 21:52
いやいや、ぜんちゃん 現実的な話が根底になくして
誰の共感を得られよう・・
なぁんちゃってf^^; ですが
そういうリアリティーのある話、ホント大事だと思います
幸せや 綺麗ごとばかりを前面に出してるものって
なんだか嘘くさくて苦手です^^
Posted by ちぃ at 2005年08月03日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。