2005年10月29日

珈琲ミルと柘榴(ざくろ)

1zakuro1.jpg


割れた柘榴の中からのぞく

ルビーの粒をひとつまみ

こっそり指を伸ばしたら

珈琲の後ねって

軽〜く君に睨まれた

静かに深く

満ちてゆく秋




柘榴は、絵画教室の庭で 獲れたものだそうです。
”あけび”それから ”いちじく”は 食べたことがあったけど
柘榴を食べたのは 初めてだったかも・・

艶々と ルビー色に光る
果肉というか 種というか・・
石榴、とっても綺麗でした。

味は・・すっぱかった。
でも なかなか後引くすっぱさでした。
posted by うさこ at 17:34| Comment(2) | えんぴつ画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい感じのえんぴつ画。フォ〜
フフフ、「ほぅ〜」は終わりましたね。

昔ね、中学生の頃かナァ・・・。
スケッチの時にぼかしたいところを
ティッシュをグシャっと丸めて擦ってた。
シュッ、シュッ、シュッ・・・
何だかそんな事を懐かしく思い出す絵ですね。

"ざくろ"の粒々、ルビー色。
うさこちゃんらしい。
食べたことあるよ、子供の頃。
酸っぱかった。
うさこちゃんのお陰でそんな懐かしい味も
思い出しました。

ありがとう。
Posted by michiko at 2005年10月29日 20:03
みっちゃんこんばんはフォ〜♪(笑)

私ね、ぼかしたりとか 絵を習い始めて知ったんですよ;
指でシュシュッ・・とやると お〜なかなかイイ感じ
って凄い感動で。(笑)

でも、調子に乗ってやってると なんだか
指紋が消えちゃうんじゃないかって
真面目に(笑;)心配だったんですよ。
だから ティッシュでっていうのホント
フォ〜☆" 違う違う、ほぉ〜!でした。

いいこと聞いちゃった♪
みっちゃん、どうもありがとう。

柘榴の中の粒々、あんなに綺麗だとは思いませんでした。
艶々してて まるでうさこの肌のよう・・
うそうそ。
まるでみっちゃんの肌のよう・・
もっとうそ。ククッ。

色は赤って赤じゃないんですよネ。
深みを帯びた大人っぽい まるでうさこの唇のよう
うそうそ。
まるでみっちゃんの・・お〜い そろそろ止めてぇ(笑)

また 懐かしい話、思い出したら聞かせてくださいネ。
Posted by うさこ at 2005年10月29日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。